女性

子宮筋腫の病気を知る|治療で病気を治そう!

栄養を補給する

Female

妊婦さんのお腹には、赤ちゃんがいますよね。赤ちゃんが生まれるまでお腹の中で育てる必要があります。赤ちゃんを育てる際は、妊婦さんと繋がっているへその緒を通じて栄養を与えることができます。そのため、お腹の中で健康に成長していくのです。妊婦さんはお腹の中にいる赤ちゃんに栄養を与えるために、普段より多くの栄養素を取り入れないといけません。その際に妊婦さんの多くはカルシウムが不足がちだといえます。カルシウムが必要な理由としては、赤ちゃんの歯や骨を形成するために必要なものだといえます。この成分が不足の状態になると、妊婦さんの歯や骨が脆くなってしまう可能性が高いといえます。この状態になるとお腹の中にいる赤ちゃんにも悪影響を与えてしまうことに繋がるのです。カルシウムが不足しているなと感じた際は、積極的に摂るようにしましょう。

カルシウムが含まれる食材としては、乳製品に含まれています。また、小魚や小松菜、しそ、バジル、海藻類など様々なものにあります。これらの食材を摂っていればカルシウム不足を防ぐことができます。ですが、この成分を摂り過ぎても危険でカルシウム血症とった病気を発症してしまう恐れがあります。一日の摂取量としては2500ミリグラムとされています。健康に問題ないくらいで補いたいという方は、行きつけの産婦人科の先生に相談すると良いでしょう。担当の先生と話せばどのくらいカルシウムを摂れば良いのかより詳しく調べられます。